老化や腸内環境を整える「れんこんパウダー」に注目!

れんこん料理っていっぱいありますよね。
キンピラにしても美味しいし串カツ、天ぷらにしても美味しい。煮ても焼いてもシャキシャキ感が残っているのがいいですよね!
美味しいだけじゃなく、優れた栄養素も豊富なんです。少し前になりますが「おはよう朝日です」で村上祥子さんが紹介された「れんこんパウダー」についてまとめてみました。

魔法の粉「れんこんパウダー」健康法 (講談社のお料理BOOK)

スポンサーリンク

れんこんの5大栄養成分

  1. ムチン    ・・・粘膜バリアを強化
  2. ビタミンC   ・・・老化防止、美肌効果
  3. カリウム   ・・・高血圧を予防
  4. ポリフェノール・・・抗酸化作用、止血作用
  5. 食物繊維   ・・・腸内環境を整える

中でもビタミンC の含有量はレモンに匹敵するそうです!

れんこん摂取の目安

1日100g(生の場合)を毎日摂取すると効果があると言われています。

でも!生のれんこん100gを毎日摂取するのは難しいですよね。何より生のれんこんが高い!主婦にとって、毎日れんこんを購入するのは厳しいのが現実です。

そこで登場するのが「れんこんパウダー」なんです。

れんこんパウダーって何?

そのものズバリ!れんこんを乾燥させて粉末状にしたものです。れんこんパウダー大さじ1杯が生のれんこん100gに匹敵します。

大さじ1杯なら毎日摂取するのも可能ですよね!

れんこんパウダーの作り方

①洗って皮つきのまま2~3mmの厚さに輪切りにしたれんこんをペーパータオルを敷いた耐熱皿に重ならないように並べる。

②れんこん100gにつき電子レンジ600Wで2分間加熱する。(ラップはしない)

 ※乾燥を早め、栄養素の破壊をふせぐため。

③表面の水分をふき取り、クッキングシートを敷いたバットに並べ、室内に1~2日放置。

※電子レンジを使わずに自然乾燥させる場合は、厚さ1cmの輪切りにしてクッキングシートを敷いたザルなどに並べて日当たりのよい場所で一週間ほど乾燥させる。

④乾燥したらある程度手で細かく砕き、ミキサーなどで粉末状にする。

※ミキサーを洗うのが面倒なので、私は保存袋に入れて棍棒で叩きました。^^

⑤保存容器に入れて冷蔵庫で保存。(約半年間保存が可能だそうです)

手作りが面倒な方は市販品もあります。⇩

れんこんパウダーの使い方

●納豆にかける

●お味噌汁に入れる

●トーストにかける

●カフェオレに入れる

それぞれお好みで!

まとめ

別記事でれんこんパウダーを使ったレシピを書きたいと思います。

魔法の粉「れんこんパウダー」健康法 (講談社のお料理BOOK)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする