季節の変わり目に体調が崩れる理由

今の季節、風邪を引いたりして体調を崩している方多いですね。
インフルエンザもまだ油断出来ないみたいです。

季節の変わり目は本当に体調を維持するのが難しいです。
でも季節の変わり目に体調を崩すのはちゃんと理由があるので
それを知っておくのも大切だと思います。

スポンサーリンク

季節の変わり目に体調を崩す理由

季節の変わり目と体調不良の関係

代謝や体温調節などの働きを司っているのが自律神経
気温の変化が大きかったり新しい生活環境に伴う緊張やストレスが増える事で
バランスを崩してしまいます。
自律神経のバランスが崩れて働きがうまくいかなくなると
身体のあらゆる部分に不調が出てきてしまうのです。

今の温度差の激しいこの季節に
自律神経のバランスが崩れやすいと言う事なんですね。

自律神経の働きをもう少し詳しく書いておきます。

自律神経の働きって何?

自律神経は循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために
24時間働き続けている神経です。

自律神経には交感神経副交感神経の2種類があります。
両者が相反する働きをする事で身体のバランスをうまく保っているのです。

交感神経

主に昼間の活動時に働く。血圧、心拍数を上げる、血管を収縮させる。

副交感神経

主に夜間に働く。血圧、心拍数を下げる、身体や体を休息させる。

自律神経の働きを整える

睡眠をしっかりとる

睡眠中は副交感神経が働き、心身の疲れをとります。
夜更かしが続くと副交感神経の働く時間帯に交感神経が働いてしまい
神経の働きの切り換えがうまくいかなくなります。

食事のバランスに気をつける

食物に含まれるビタミン・カルシウム・ミネラルなどは
自律神経の働きを整える作用があります。

適度な運動を行う

散歩やウォーキング、ストレッチなどの軽い運動
自律神経の働きを整える効果があります。
激しい運動はかえってストレスになる事もあるので
自分のペースに合わせ無理のない軽い運動を取り入れましょう。

生活リズムを整える

私達の身体には1日の体温・ホルモン分泌・睡眠などのリズムを整える働き
「体内時計」があります。生活のリズムが乱れると体内時計のリズムも乱れ
自律神経の働きに影響を与えます。
起床・就寝・食事の時間を出来るだけ規則正 しく決めて
リズムを維持する事が大切です。

また、体内時計のリズムは光を浴びる事でリセットする事が出来るので
朝はカーテンを開けて太陽の光を浴びたり
電気をつけて部屋を明るくするように心がけましょう。

リラックスする時間を作る

交感神経の興奮を静めるためには心身の休息が必要です。
ぬるめのお湯につかったり、静かな音楽を聴いたりしてストレス
解放しましょう。

まとめ

風邪の対処法と同じじゃん!って思いましたが自律神経が乱れて習慣化してしまうと
自律神経失調症と言う病気になってしまうようです。

自律神経失調症はうつの前段階なんだそうです。

軽く考えずに体調が悪いなと思ったら
早めの対処を心掛けたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする