内臓脂肪を落としてダイエット

一見、そんなに太っているように見えなくても
実は内臓に脂肪が付いている・・・いわゆる内臓脂肪と言うやつですね。

内臓脂肪は体温の保持内臓の保護など適度の量だと役にも立ちますが
多くなりすぎると放熱状態が悪くなったり内臓を圧迫したりします。
血管に入り込みやすく、糖尿病などの生活習慣病の大きな発症因子となる事が
知られています。

内臓脂肪は付きやすく・落ちやすいという特徴もあります。

スポンサーリンク

内臓脂肪を落としてダイエット

内臓脂肪の減少に効果がある栄養素

ビタミンB1 糖質をエネルギーに変える

豚肉・ウナギのかば焼き・きな粉・小麦胚芽・海苔

ビタミンB2 脂肪をエネルギーに変える

豚、牛レバー・卵・納豆・ウナギ

ビタミンB6 タンパク質をエネルギーに変える

レバー・ニンニク・唐辛子・ピスタチオ

ビタミンB7 糖質や脂肪の代謝を助ける

牛レバー・大豆・卵・ヨーグルト・牛乳・鮭・ほうれん草

ご覧のようにビタミンB群は内臓脂肪の解消に効果が期待出来ます。
ビタミンは水溶性脂溶性の2つに分かれます。

水溶性ビタミンは水に溶ける性質を持ったビタミンなので
ビタミンB群は水溶性ビタミンに分類されます。

お料理に使う時は煮汁も残さず食べるようにしましょう。
でもビタミンB群は加熱すると30%~50%失われると言われているので
出来るだけ火を通さなくてもいいものを選ぶようにしましょう。

ビタミンと言うとお肌がキレイになる!と言うイメージが強いですが
内臓脂肪の減少にも役立つとなると積極的取れ入れたいものですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする