食前豆乳ダイエット

豆乳が身体にいいと言うのはもうみなさん、ご存知だと思います。
その豆乳を食前に飲む事でダイエット効果があるそうです。

豆乳の効果はいっぱいありますが
今回はダイエット効果を中心にまとめてみました。

スポンサーリンク

食前豆乳ダイエット

豆乳の成分

大豆サポニン

腸内の絨毛を縮小させ、脂肪、糖質の吸収を遅らせたり、満腹中枢を刺激して
食欲を抑え、食べ過ぎを防止する効果があります。

大豆ペプチド

吸収してしまった脂肪の燃焼を促し、基礎代謝を高めるため運動をしなくても
脂肪を燃焼する効果が期待出来ます。

大豆たんぱく質

食事でとった余分な脂質やコレステロールを大豆たんぱくが吸着して排出し
コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。
また体脂肪の燃焼を促進して体脂肪の蓄積を抑える効果があります。

大豆レシチン

血管に付着したコレステロールを溶かし血流の流れを良くします。
また、固まるのを防ぎ付着しないようにする働き(脂肪代謝機能)があり
それにより動脈硬化を防ぎ脳出血等の予防に効果があります。
脂肪代謝機能により肝臓中の脂肪分を減らす働きをしますので
お酒を飲む人に多い脂肪肝の予防にも効果的です。

オリゴ糖

腸内にあるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。
加齢すると増える腸内の悪玉菌を抑え、腸全体の働きを整えて
便通が良くなる事で、美肌やダイエット効果が期待出来ます。

豆乳の種類

豆乳には3種類があります。
「調整豆乳」「無調整豆乳」「豆乳飲料」
何も手を加えていない「無調整豆乳」が身体には一番いいんですが
飲み難いをものを無理して飲むよりは、自分にあった飲みやすいものを選びましょう。

ダイエットに効果的な飲み方

食前30分ほど前に豆乳を飲む。これだけです。

上に書いたように「大豆サポニン」が満腹中枢を刺激して
食べ過ぎを防止してくれると言う事ですね!

私は牛乳が嫌いなのせめて豆乳だけでも・・・と思って飲み始めました。
最初は正直、豆乳も飲み難かったんですが段々と慣れて来ました。
牛乳より甘みもあってコクもありほんのり大豆の香りも
今では美味しいと思うようになりました。

今まではお風呂上がりに飲んだりしていましたが
ダイエット効果があるなら食前に飲むようにしたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする