お風呂でデトックス

一日の疲れを取るのはやっぱりお風呂ですよね!

お気に入りの温泉の元なんかを入れて
ゆったりと湯船に浸かると本当に身体も心も
疲れがほぐされるような気がします。

そして入浴は汗をかく事で代謝が上がるので
ちょっとした工夫でダイエット効果があがったりするんですよ。

スポンサーリンク

お風呂でデトックス

お風呂の入り方

熱めのお湯に手足を5~10分つける

湯船に43℃くらいの熱めのお湯をはり
両手のひじから先、両足のひざ下をそれぞれ5~10分浸ける。
末端の汗腺を刺激する事で全身に汗がかけるような効果があります。

運動をプラスして血流をアップする

両手足がお湯に浸かっている時に足首をグルグル回します。
脚のポンプ作用を刺激して血行を促進させます。

ぬるめのお湯で半身浴

水を足して37~38℃のぬるめのお湯にして、みぞおちまで湯船に浸かり
10~15分くらい半身浴します。
水圧によってマッサージ効果があり足のむくみが改善されます。
寒い時は身体が冷えないように肩にタオルをかけましょう。

入浴で注意すること

  1. 就寝前は体温調節がうまくいかず、眠れなくなるので避けましょう。
  2. 血流が悪くなるので食前食後30分は避けましょう。
  3. 肩まで浸かると水圧で内臓に負担が掛かるので半身浴にしましょう。

まとめ

入浴はゆっくり時間をかけて身体を温めて、じんわり汗を流す事で
デトックス効果があると言われています。

音楽を聴いたり読書をしたり楽しみながら
ゆったりとお風呂で心身ともに癒されたいですね。

上手に入浴しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする