よい水を飲んで免疫力をアップさせる!

夏場はたくさん飲んでいた水も
寒くなって来るとほとんど飲まなくなりますよね。
まず喉が渇きませんもの。
老化が進むと喉が渇き難くなると言います。

でも水は喉を潤すためだけのものではありません!

水と身体には深い関係があります。
飲み方によっては免疫力や腸力を上げられるのです。
そして逆に身体によくない水を飲んでいると免疫力は低下すると言います。

ではどう言う事なのかまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

よい水を飲んで免疫力をアップさせる!

水と身体の関係

  • 発汗による体温調節をする
  • 新陳代謝を促進させる
  • 有害物質を解毒、希釈する
  • 安眠の促進
  • 心身の覚醒作用
  • 利尿、排便を促進させる
  • 血液の循環を促進させる
  • 緊張やイライラなど精神の興奮を鎮める

よい水は免疫力を上げる

腸が働くためにはが必要です。
よい水を飲んでいると腸の働きが活発になり免疫力が向上します。
下痢や便秘なども改善されて腸内環境が整い、丈夫になると言われています。

反対に身体に悪い水を飲んでいると免疫力は低下します。
免疫は身体を老化や病気から守る力です。

どんな水を飲めばいいのか

  • 「ナチュラルミネラルウォーター」と記載されている水
  • 鉱泉水、硬水、温泉水
  • アルカリ性の水

水の健康作用を決めるのは天然のミネラルにあります。
そして天然水を選ぶうえで必要な事は非加熱と記載されている事です。
加熱殺菌すると水の組織が変わり、生理活性が失われます。

飲み方の基本

  1. 起床時・・・寝ている間に呼気や汗などで水分が出て朝は脱水に近くなっている。
  2. 午前 ・・・ゴクゴク飲まずにチビチビと喉を潤す。
  3. 午後 ・・・午前と同じように。
  4. 入浴前・・・入浴で水分が汗として排出されるので事前に補給する。
  5. 就寝前・・・睡眠中は汗をかいているので血液ドロドロを回避するために。

コップ半分から1杯をチビチビ飲む事が大切です。
ゆっくり飲むと身体に浸透させる事が出来るからです。
ペットボトルなら2,3口づつを目安に。

注意しなければならないのは飲み過ぎはNG!
水中毒と言うのもあるので飲み過ぎないように気を付けて下さいね!
ランキングに参加しています。
ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする