腸に効く食材を問われたら、まず一番に出て来るのが
ヨーグルトではないでしょうか。

今さら説明するまでもないくらいメジャーな食材ですね。

スポンサーリンク



世界で愛されるヨーグルトのチカラ

ヨーグルトが便秘にいいと言われる理由

ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」「ビフィズス菌」は乳酸を作り出す菌です。
ビフィズス菌はさらに酢酸も作り出します。

乳酸や酢酸が腸内に多いと、悪玉菌が増え難くなります。
また腸内が刺激されて、便を送り出すぜん動運動が活発になるので
ヨーグルトで腸内環境が良くなり、便秘が改善すると言う訳です。

特定の健康効果を持つヨーグルト

最近は便通改善の効果だけではなく、アレルギー症状を抑えたり
体脂肪を減らしたりすると言うような
目的に応じた菌を持つヨーグルトが販売されています。

機能性乳酸菌で上手にヨーグルトを食べよう!

ヨーグルトの腸に効く食べ方

1日100g以上食べる

ヨーグルト100gの摂取で便通改善などの効果が確認されています。
上限は1日500gを目安にして下さい。

購入後すぐに食べる

賞味期限内なら含まれる乳酸菌は100g中に10億個以上と十分ですが
新しいほど菌は元気で数が多いのです。

自分に合う菌を見つける

人と乳酸菌との相性があります。お腹に変化が感じなければ
他の商品を試す方がいいかも知れません。

ヨーグルトの欠点

ただヨーグルトは納豆と違って善玉菌を育てる食物繊維をほとんど含みません
これを補うには食物繊維の多いフルーツなどと一緒に摂るようにしましょう。